忍者ブログ
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、私は1歳児の育児に奮闘中です。
最近の悩みは離乳食のこと。3食分の離乳食を用意するのって結構大変なことなんですよね。
離乳食初期からやっている方法の一つに、野菜のフリージングを利用する方法があります。時間のあるときに野菜を赤ちゃんが食べられる大きさや固さに調理したものを製氷皿やラップに包んで冷凍保存する方法です。ある程度決まった量で冷凍しておくと、使う時、レンジで温めるだけでいいので、調理時間や手間が省けます。
しかし、この方法が通用するのはおそらく離乳食中期くらいまでです。離乳食後期ともなると、離乳食は一日3食分用意しなくてはならない上、一度に食べる分がかなり増えます。そうすると、一度にフリージングで大量に作っておいても、すぐに無くなってしまいます。
離乳食の悩みは他にもあります。味付けの程度が分かりにくいのです。基本的に、赤ちゃんは大人と同じ味付けにしてはいけません。味が濃すぎるため、薄めたり、調味料は使わず自然な味を引き立てさせたりします。私の場合は、味付けは本当におそるおそるしている状況です。
また、離乳食のメニューがある程度、お決まりメニューになり、マンネリ化してしまうのも悩みの一つです。私の場合は朝食と昼食はフリージングを使ったほとんど味付けのないものを出し、夕食は大人の夕食と一緒に取り分け調理しています。我が家は夕食は決まって、汁物+豆腐などのたんぱく質+αという内容です。なので、大人のスープを作る際、赤ちゃん用のスープも別の小さい鍋で作ります。野菜は大人は一口サイズの乱切りに、赤ちゃん用の分はみじん切りにします。そうすると、大人用の食事と赤ちゃん用の食事が同時に作れることができ、効率的なのです。しかし、そうすると、赤ちゃんも夕食は決まってスープ+ごはんです。たまに玉子焼きを焼くなり、工夫はしているつもりですが、結構ワンパターンになってきてしまい、悩ましい状況です。
そして今一番頭を抱えているのは、予定が入ったり、私が体調を崩したりが続き、ベビーフードを使うことが増えてしまっていることです。ベビーフードを使ってはいけないわけではありませんが、あまり使う頻度が多いと、罪悪感を感じたり、金銭的に苦しくなります。
子育てしているママさん達はみんなこういうことを乗り越えてきたんだと思うと、尊敬してなりません。早く大人と同じものを食べられるようになって、私も子供も気軽で楽しい食事になるといいなと思います。

妊娠線予防クリームでおすすめは?|お腹がかゆいのは兆候かも
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright (c)生活用品事情 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]